【巨人】若林、右打席で初3号2ラン 復調に導いた男・村田コーチに言葉

5回1死一塁、若林が左越えに同点2ランを放つ(投手・今永、捕手・戸柱=カメラ・宮崎 亮太)
5回1死一塁、若林が左越えに同点2ランを放つ(投手・今永、捕手・戸柱=カメラ・宮崎 亮太)

◆巨人8―4DeNA(5日・東京ドーム)

 久々の感覚が、若林の全身を覆い尽くした。両手に最高の感触を残した打球は、大きな放物線を描きながら左翼席へ吸い込まれた。

 2点を追う5回1死一塁。今永の直球を捉えた。3号同点2ラン。右打席では初の1軍アーチが貴重な一打となり、お立ち台では「力がないので入るかな、どうかなと思って見てました。入ってくれてよかったです」と笑みを浮かべた。

 5回1死まで、打線は今永の前に無安打無得点の7Kと完璧に封じられていた。それでも直前のビヤヌエバが四球で出塁すると、最後は内角直球を力強く振り抜いた。原監督も「手も足もでないような状況の中、四球、本塁打とね。非常に苦しんでいる状況でしたから、勢いをつけたと思うね」と最敬礼した。

 2年目の今季は交流戦の序盤からアピールを続け、二塁の定位置をつかんだ。だが、終盤にさしかかるにつれ、慣れない1軍の重圧や疲れもあり、3戦連続無安打を経験するなど調子を落とした。

 「出塁することを考えすぎていた」と四球を重視しすぎたあまり、バットが出なくなっていた。そんな時、頭をよぎったのは村田ファーム打撃兼内野守備コーチの言葉だった。

 「おまえは何のために打席に立ってるんだ。バット持ってるだろ。振るためだ」

 スイングしなければ何も始まらない―。当たり前のことを再確認し「消極的になって四球―という考えはもう、ないです」との言葉通り、7球粘った末、フルカウントから強振した。

 「どんな打者でも波があると思う。その波が激しくならないように」。息を吹き返した背番号60が、好調のチームをさらに押し上げていく。(河原崎 功治)

映像提供:GIANTS LIVE STREAM
試合詳細
5回1死一塁、若林が左越えに同点2ランを放つ(投手・今永、捕手・戸柱=カメラ・宮崎 亮太)
すべての写真を見る 1枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請