【ソフトバンク】松田宣が山本由伸撃ちV打 チーム8連勝で首位ターン!

8回無死一塁、2ランを放った松田宣
8回無死一塁、2ランを放った松田宣

◆オリックス2―6ソフトバンク(5日・ほっと神戸)

 ソフトバンクが今季3試合対戦して24回連続無得点に封じられていた山本を攻略し、昨年8月以来の8連勝を飾った。貯金も今季最多「15」とし、2位・楽天とは6ゲーム差。首位ターンが決まった。

 勝負所は1点を追う4回だった。1死一塁からグラシアルが右中間適時打を放ち、連続無得点イニングを「27」で止めると、松田宣が続いた。

 外角のカットボールを捉え、勝ち越しの中前タイムリーだ。「自分の中で球種を(絞って)少なくしていた。センター中心に打ちにいきました。いつもやられている投手。こういう試合がとれてよかった」。鷹のムードメーカーは8回には18号2ランを放ち、試合の大勢を決めた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請