【広島】リーグ再開後、7試合勝ち星なしで貯金なし 大瀬良は自身ワースト4連敗で首位・巨人と7ゲーム差

5回無死、マルテ(左)に同点ソロ本塁打を浴びた大瀬良
5回無死、マルテ(左)に同点ソロ本塁打を浴びた大瀬良

◆阪神3ー1広島(5日・甲子園)

 広島が阪神に競り負け、最大14あった貯金をついにはき出した。これで交流戦明けは1分6敗となった。

 同点で迎えた6回、大瀬良が近本、糸原に立て続けにバントヒットを決められると、無死一、二塁から糸井に左中間への2点二塁打を許した。6回3失点で降板した右腕は、自身ワーストの4連敗で6敗目。5回途中7失点でKOされた6月28日のDeNA戦(横浜)から修正し「状態は悪いと思っていなかったけど、良くなっている」と話していたが、またしても勝てなかった。

 カープと対照的に6連勝を飾った巨人に、7ゲーム差をつけられた。首位にこれだけ溝を空けられるのは、最下位に沈んでいた4月16日と並ぶ今季ワースト。リーグ4連覇に向け、春先以上の試練が訪れた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請