入厩馬に驚く(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は金曜ですが残っております、栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、先日行われたF1のオーストラリアGPでレッドブルホンダというチームが優勝したといいます。ホンダがF1を勝つのは実に13年ぶりのこととか。一時期、F1にはまっていた頃、世間的にもF1ブームでアイルトン・セナ選手が脚光を浴びていた90年代ですが、マクラーレンホンダが圧倒的に強かった時代なんですよね。ところが、あのホンダが13年も勝利から遠ざかっていたというから、ちょっと驚きました。21世紀に入ったあたりかな、すっかりF1から遠ざかってしまいましたが、F1のホンダ=最強というイメージは脳裏に刻まれたままで…。

 少しだけネットで調べてみると、今は圧倒的にメルセデスの時代のようですね。個人的にはフェラーリが昔のままで存在しているのは懐かしく、うれしい限りですが、チーム名なんか見ても、完全に浦島太郎状態。まぁ、最初に友人の影響で日本グランプリを画面越しに見たのは88年だったから、もう30年以上も経っているんですねぇ。で、最近15年も見ていなかったら、そうなるか…。ともかく、世界の「HONDA」復活へ、これからも頑張って欲しいモノです。

 ということで、そろそろ本題へ。明日の競馬、中京5Rで芝1400メートルの新馬が行われます。

 藤原英厩舎の【シャレード(牝、父ダイワメジャー、母ヴィヤダーナ)】はダノンメジャーの全妹。前にも書いたように、藤原英調教師が「初戦からというタイプ。スピードもある」と楽しみにしていた馬ですね。ここには佐々木厩舎の【プロークルサートル(牡、父キズナ、母クールアンフルール)】も参戦。和田Jは「今週の動きはよかったですね。跳びが大きいので、もっと長い距離でもいいかもしれないけど」と上昇度を感じているようでした。

 佐々木厩舎では来週の中京芝マイルに【シャムロックヒル(牝、父キズナ、母ララア)】が浜中Jでスタンバイ。こちらはマーメイドSを勝ったサラスの半妹になりますね。「動きはいい。期待しているよ」と佐々木調教師は手応えがありそうです。さらに、重賞ホースの母を持つ【ショウリュウハル(牝、父ジャスタウェイ、母ショウリュウムーン)】も近日中に栗東へ戻ってくるとのこと。さらに、阪神最終週の新馬で8着に敗れた【リメンバーメモリー(牡、父キズナ)】は秋の阪神開催での復帰を目指すとのこと。レース前にチャカついたり、鳴いたり、大変だったようで、全く力を出せなかったようですね。

 さて、ここからパパパッとPOG情報を。まずは橋口厩舎。現在、栗東にいる【ロールオブサンダー(牡、父エピファネイア、母ミッキーハナコ)】は中京4週目の芝2000メートルを松山Jで予定しています。「先週の坂路でいい時計が出て、今週も馬場でいい動きでした。ゆったりとした距離が合いそう。十分に仕上がると思います」と橋口調教師は好感触でした。個人的には【モーニングフェイスの17(牡、父ロードカナロア)】にも期待しているんですが、深管が出たとのことで、少し遅れているようです。

 続いては平田厩舎。こちらも中京最終週ですが、芝1400メートルに【ソウルユニバンス(牡、父キンシャサノキセキ、母シーカーマ)】がスタンバイしています。鞍上は和田J。「動きはいいよ」とトレーナーは歯切れよく切り出すと、「走りそうな感じがある。いいスピードを持っているね」と手応えを口にしていました。あと、母系がエアグルーヴ一族になる【サトノヴィーナス(牝、父ロードカナロア、母サトノユリア)】はゲート試験に合格しましたが、一度放牧で成長を促すとのこと。デビューから2、2着の【ラルゲッツァ(牝、父グランデッツァ)】は小倉2週目の芝1200メートルで初勝利を狙います。

 さて、今日の栗東では先週の中京で【ヤマニンエルモサ(牝、父エピファネイア)】が新馬勝ちした松永幹調教師を取材。「動きも悪くなかったのに、えらく人気がなかったよね」と苦笑いを浮かべていました。当初、勝った後は放牧を予定していたようですが、使った後も元気なようで、中京2歳Sへの転戦が濃厚なようです。

 朝の取材が終わった後、本日の入厩馬をチェック。すると、オッという馬名を見つけたのです。まずは角居厩舎の【グレートバローズ(牡、父ディープインパクト、母ルアーズストリート)】です。角居厩舎+ディープ産駒+猪熊オーナーというラインはロジャーバローズと同じですね。さらに、友道厩舎の【ヒュッゲ(牡、父ハーツクライ、母ムーンライトダンス)】も栗東に入ってきました。函館に入っていたはずなんですが、確かゲート試験合格馬で名前を見なかったはず。友道調教師に取材をしようと思って、まだ聞けていませんでした。恐らく、まずはゲート試験ということになるんじゃないでしょうか。

 そして、最後に最も驚いたんですが、音無厩舎の【プラトン(牡、父ディープインパクト、母ロベルタ)】が本日、栗東に入ってきました。先月末あたりに近くまで移動するかもという話は聞いていましたが、こちらが思っているよりも、かなり早い栗東入り。今回はゲート試験のみという可能性が高そうですが、秋のデビューへ向けて、ここで合格しておくと、随分と楽になりますからね。あと、音無厩舎でマリアライトやクリソライトの下になる【ヴァーダイト(牡、父ディープインパクト、母クリソライト)】はゲート試験合格したので、放牧に出るようです。

 では、ネット限定「厳選馬」は、その音無厩舎から。

函館7R・12ビッケ(前走はコラムで推奨したが、痛恨の出遅れ。最後は伸びていた。発馬五分、減量起用、2戦目で決める)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

中京2R・2ブルペアペスカ(前走は先行策で、狭くなる場面もあった。スムーズなら反撃)

函館10R・8ラストプライドワン(こちらも前走で厳しい先行策。色々な慣れが見込める2戦目なら)

福島9R・8アーザムブルー(距離短縮で決め脚が生きるはず)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請