【阪神】岩貞 背中の張りから復帰後初のシート打撃登板「第1段階はクリア」

スポーツ報知
岩貞祐太

 背中の張りで2軍調整中の阪神・岩貞祐太投手(27)が5日、兵庫・鳴尾浜で故障後初のシート打撃に登板。打者10人に計40球を投げ、安打性の当たり2本に封じた。

 球場のスピードガンでは最速143キロを計測し、2奪三振。「第1段階はクリアしたかなというところで、あとはゲームに入っていって抑えられるだけの技術とスピード、キレを追い求めて練習していきたいと思います」と話した。

 岩貞はインフルエンザ感染のため、5月4日に登録抹消。その後、先発予定だった5月29日のウエスタン・オリックス戦(鳴尾浜)の試合前に背中の張りを訴えて登板回避。リハビリを続けていた。

 今季は開幕ローテーションの一角として5試合に登板し、1勝3敗、防御率4・28。早期の1軍復帰を目指す。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×