【ソフトバンク】工藤監督、楽天・平石監督らが募金活動 「続けることに意味がある」と工藤監督

募金活動を行ったソフトバンク・工藤監督(左)と楽天・平石監督
募金活動を行ったソフトバンク・工藤監督(左)と楽天・平石監督

 ◆ソフトバンク―楽天(4日・福岡ヤフオクドーム)

 試合前にヤフオクドームの8番ゲート付近の特設ステージで、17年九州北部豪雨災害被災地への募金活動を行った。ソフトバンク・工藤公康監督(56)、楽天・平石洋介監督(39)と選手計11人が募金を呼びかけた。

 「僕らも忘れちゃいけないし、(募金活動を)続けることに意味がある。たくさんのファンが来てくれてうれしい。日本のどこで(災害が)起こったとしても、みんなで協力し合うことが大事」と工藤監督。集まった14万8299円は、日本赤十字社福岡県支部に義援金として寄付する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請