北の大地で始動(栗東)

 こんにちは、山本です。最近、決して手を抜いているワケじゃないんですが、木曜日始動が多いパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、昨夜のこと。トレセン近くのコンビニで、S社のTクンと遭遇。そこで彼が「明日、やばいらしいっすよ」と言うんです。何のことかと言いますと雨です。ネットで天気を見ても、木曜早朝の栗東は豪雨のアイコン。何せ、自分で言うのも何ですが、雨男のワタクシがいる。少しビビってしまい、珍しく前夜からレインコートを購入してしまったのです。

 で、翌朝。目覚めた午前3時50分頃、外から全く雨の音が聞こえない。おかしいなと思いつつ、窓を開けます。蒸し暑い空気が入り込んできますが、雨はシトシト…といった程度。しかし、これで気を抜いてはいけないと思ってしまうのが「雨男」の悲しい性です。万全のレインコートを装着して、トレセンへ向かったのですが、6時ぐらいには太陽が照りつけるほどの天気に…。こうなると、レインコートは完全にサウナスーツです。最後は汗だくになりながらの取材活動。結局、豪雨予報は何だったのか。いまだに謎のままです。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も栗東から、ナマの2歳馬情報を速報モードでお届けします。

 まずは矢作厩舎ですね。昨日の栗東に旬な血統と言える【リリレフア(牝、父ロードカナロア、母リリサイド)】が栗東に入ってきたようですね。こちらは、また話を聞いておきます。【ダノンファラオ(牡、父American Pharoah、母クリスプ)】は在厩で調整中。馬体にまだ余裕があるらしいですが、「いい背中をしていますよ」(安藤助手)とのこと。このまま進めていくかは状態次第ながらになると思います。

 続いては池江厩舎。ゲート試験合格後、放牧に出ている【アルジャンナ(牡、父ディープインパクト、母コンドコマンド)】と【ミッキーローズ(牝、父ディープインパクト、母サファリミス)】は小倉か新潟の夏競馬でのデビューを予定しているとのこと。ミッキーの方は馬体の細化を心配していましたが、「放牧先で回復しています」とのことでした。あと、ファレノプシス一族になる【レザネフォール(牡、父キングカメハメハ、母ラナンキュラス)】は札幌開幕週の芝1800メートルを三浦Jで予定しているとのことで、「洋芝が合いそうな感じです」と池江調教師は話していましたよ。

 寺島厩舎では来週の中京芝1400メートル、牝馬限定で【シホノレジーナ(牝、父ダイワメジャー、母メジロスプレンダー)】がデビューします。鞍上は浜中J。「先週はCWコースでいい動きをしていましたし、芝コースでもよく走れています。楽しみですね」と寺島調教師は話していました。あと、トレーナーは当初から期待している【ヴァルナ(牡、父エピファネイア、母アリデッド)】は新潟開幕週の芝マイルから1800メートルを予定。「乗り味もいいみたいですし、楽しみにしています」と話していました。あと、デビューから4、2着と惜敗が続いた【エアリーフローラ(牝、父ロードカナロア)】はひと息入れて、新潟後半での復帰を考えているようです。

 安田隆厩舎では期待していた【アージオン(牝、父ロードカナロア)】が先週のデビュー戦で2着。とはいえ、前残りの競馬の中で、しっかりと後方から伸びてきた走りに、「3着かなと思っていましたが、最後はよく伸びてくれました。次も390キロ台で出したいですね」とのことで、一度放牧に出されました。あと、中京最終週の芝1400メートルに【オウケンラブキセキ(牝、父キンシャサノキセキ、母コンカラン)】が、同じ週の芝マイルに【ペールエール(牡、父ダイワメジャー、母アピール2)】がスタンバイしています。

 あと、速攻系として楽しみにしていた【ユアソーラ(牡、父キンシャサノキセキ、母ヴィリエルバクル)】が少し腰を痛めたとのことで、現在はペースダウンしているとのこと。小倉の序盤デビューは少し厳しいかもしれません。ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請