馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 中京

【七夕賞】上がり馬クレッシェンドラヴ、2週連続好時計!重めの馬場で51秒5

力強い脚さばきで先着したクレッシェンドラヴ(右)は本格化ムード
力強い脚さばきで先着したクレッシェンドラヴ(右)は本格化ムード

◆七夕賞追い切り(3日・美浦トレセン)

 サマー2000シリーズの開幕戦、七夕賞・G3(7日、福島)に出走する16頭が3日、東西トレセンで追い切りを行った。充実一途の5歳馬クレッシェンドラヴは美浦・坂路で51秒5の好時計をマーク。今夏注目の上がり馬として好調ぶりをアピールした。

 上昇馬らしい勢いを見せつけた。クレッシェンドラヴは、美浦の坂路でいっぱいに追われ、力強いフットワークを披露。マイウェイアムール(4歳3勝クラス)を約4馬身追走する形から、半馬身先着した。

 「馬場が重い感じ」と口にする関係者が多いなかで、51秒5のタイムは優秀(6番目)。林調教師は「先週(51秒6=6月27日の一番時計)、今週と動きがいいですね」とうなずいた。

 本格化の兆しがうかがえる。昨年12月に1000万(現2勝クラス)を勝ち上がり、準オープン(現3勝クラス)も2戦で突破。オープン初戦だった前走の福島民報杯は、後方待機から向こう正面で動いて4角2番手という派手なレースで2着に入った。

 「自分で競馬をつくって、どれだけやれるか試してみたが、期待通りの走りだった。オープンでも能力は足りる」とパートナーの内田は手応えを口にする。2500メートル以上の路線から2000~2200メートルのレースを使うようになった昨年12月以降の4戦は、全て3着以内。距離短縮も功を奏しているようだ。

 重賞で走るのは、3歳秋のセントライト記念(8着、戸崎騎乗)以来。その時の勝ち馬は、今回トップハンデを背負うミッキースワローだった。「このメンバーに入ると、経験値という点では劣るかもしれないが、もともと重賞を勝てる馬になると思っていた。リベンジという意味合いもあるね」と内田。実績NO1の同期のライバルを倒せば、自然とチャンスは広がる。(浜木 俊介)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請