尾上右近、弁天小僧に初挑戦。「無謀な挑戦を通して成長を」。自主公演の会見で

今年で5回目となる自主公演「研の會」の会見を行った尾上右近。演目にちなんで竹馬も披露した
今年で5回目となる自主公演「研の會」の会見を行った尾上右近。演目にちなんで竹馬も披露した

 歌舞伎俳優・尾上右近(27)が3日都内で、毎夏恒例の自主公演「第五回 研の會」の会見を行った。

 今年は音羽屋の代表的演目「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」、市川猿翁十種から「酔奴(よいやっこ)」を上演する。東京・国立劇場小劇場(9月1、2日)だけでなく、京都芸術劇場「春秋座」(8月28、29日)でも行われ、初めて東西開催となる。「10回までは続けたい。自分のキャパシティをこえる、無謀とも言える挑戦を通して成長したい」と意気込む。

 すでに6月博多座公演中に尾上菊五郎(76)から、演じる弁天小僧菊之助についての指導を受けた。右近にとって「歌舞伎を始めたルーツ的演目」で4、5歳でセリフを全て覚えるほどあこがれ続けた演目。「知らざあ言って聞かせやしょう」の名ぜりふで知られる有名な役だが、決められた所作が無数にあり“難易度E”の大役だ。

 「セリフを一緒に言ってくださったり。本物の弁天小僧を前にすごく緊張した。すべてにおいてまだ『小さい。歌舞伎のにおいがしない』と。これからまだまだ勉強です」と気を引き締めていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請