福知山、4年ぶり2度目の出場を決めた!…リポビタンカップ第50回記念選手権大会

4年ぶりに選手権出場を決めた福知山ナイン
4年ぶりに選手権出場を決めた福知山ナイン

◆リポビタンカップ第50回記念選手権大会京都府支部予選 ◇中学生の部▽決勝 福知山ボーイズ4―1京田辺ボーイズ(6月22日・あやべ球場)

 「リポビタンカップ第50回記念選手権大会」(8月2~6日、大阪シティ信用金庫スタジアムほか)の京都府支部予選は福知山ボーイズが優勝、4年ぶり2度目の出場を決めた。

 実力伯仲の頂上決戦を制したのは福知山だった。初回、乾が中越え二塁打で好機をつくると、森下が中前適時打を放ち先制。さらに森垣も中前に運び2点目を奪った。3回には森下が再びタイムリーを放つなど2点を追加した。

 投げても先発・森下が「球数を少なく良い感触で投げられた」と抜群の制球力で5回まで無失点の好投。6回に1死から失策がらみで1点を失ったが、しっかり立て直して6安打1失点で7回を投げ抜いた。

 投打がかみ合っての勝利に藤田監督は「シビアな試合を予想したが立ち上がりの得点が大きかった。今日は森下の投球が特に良い内容だったが、元々が総力で戦うチームなので、全国でも一丸となって上を目指したい」と納得の様子。植和田主将も「打線のつながりが勝因だったと思う。全国でもチームワークで上を目指します」と“福知山野球”を貫くことを誓った。4年ぶりにつかみ取った全国の切符。福知山の熱い夏はもう目の前だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請