【ソフトバンク】フェルナンドトーレスが始球式「素晴らしい雰囲気の中で投げられた」

始球式を務めたサガン鳥栖・フェルナンドトーレス
始球式を務めたサガン鳥栖・フェルナンドトーレス

 ◆ソフトバンク―楽天(2日・福岡ヤフオクドーム)

 J1鳥栖のフェルナンドトーレス(35)が始球式を行った。今夏で引退を表明している元スペイン代表FWは、大歓声で迎えられマウンドから力強い直球を投げ込んだが、ボールは大きくそれ、茂木の背後を通過。「もっと練習しないといけない」と、世界で活躍してきたストライカーも苦笑いを浮かべるしかなかった。「こんなに素晴らしい雰囲気、スタジアム、サポーターの前で投げられて良かった」と貴重な体験を振り返った。

 始球式前には、ソフトバンクと鳥栖の共同で実施し、今回で6年目を迎える「スポーツキッズプロジェクト2019」の会見に内川と出席。「子どもたちが目標となる人間、夢見るアイドルを持つことが必要。スポーツは健康的だし、集団行動を身につける上でもすばらしいもの」と呼びかけた。一方の内川も「野球やサッカーに触れる入り口として、子どもたちがやりたいなと思ってくれるプレーをしたい」と力を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請