大谷所属のエンゼルス関係者、過去にも6人が不慮の事故で死亡

6月26日には、オールスターファン投票の投票呼びかけのPRに大谷(左)とともに参加していたスカッグス(Angels Baseball提供)
6月26日には、オールスターファン投票の投票呼びかけのPRに大谷(左)とともに参加していたスカッグス(Angels Baseball提供)

 エンゼルスは1日(日本時間2日)、早朝に遠征先のテキサス州でタイラー・スカッグス投手(27)が亡くなったと発表した。死因など詳細は明かされていない。午後7時5分から予定されていた敵地(テキサス)でのレンジャーズ戦は中止となった。

 エンゼルスは現役選手、または在籍していた選手が亡くなるケースが少なくないチームとして知られている。

 ★チコ・ルイス内野手 キューバ出身。1970、71年にエンゼルスで万能内野手としてプレー。オフにロイヤルズ移籍が決まった直後の72年2月9日、春季キャンプに向かう途中に車で事故死した。33歳。

 ★マイク・マイリー内野手 ルイジアナ州立大から1974年ドラフト1巡指名でエンゼルス入り。大学時代はクォーターバックとしてオレンジボウル出場経験もあった。75年にメジャー昇格も77年1月6日、故郷ルイジアナで帰省中、車で事故死した。23歳。

 ★ライマン・ボストック外野手 ツインズ時代から好打の外野手として知られ、年俸2万ドルから1977年オフにエンゼルスと6年総額230万ドルでFA移籍。ビッグマネーを得た選手として騒がれた。移籍1年目も2割9分6厘と結果を残していたが、78年9月23日、少年時代の家庭教師の妹と車に乗っていた際に、交際相手と間違えたその夫に散弾銃で撃たれて死亡。27歳だった。

 ★ドニー・ムーア投手 救援投手として活躍。1986年レッドソックスとのリーグ優勝決定シリーズ、初のリーグ優勝まであと1球の場面で逆転アーチを浴び、同点に追いつくも延長11回に決勝点を許した。戦犯扱いされ、その後は成績ダウン。88年に解雇されると、その後は生活がすさんで89年7月18日に妻と口論のあげく拳銃自殺で亡くなった。35歳だった。

 ★ニック・エイデンハート投手 2004年ドラフト直前に受けたトミー・ジョン手術のため、他球団が手を引く中、エンゼルスは14巡目ながら同順位では破格の71万ドルの契約金を提示し入団。08年にメジャー昇格。開幕からローテーション入りした09年は、開幕3試合目の4月8日に登板した。ところが友人たちと帰路についた9日未明、交差点で信号無視の車と衝突し車が大破。エイデンハートだけでなく同乗していた4人のうち3人が死亡する惨事となった。22歳の若さだった。同日のエンゼルス戦は急遽、中止となった。

 ★ルイス・バルブエナ内野手 ベネズエラ出身。エンゼルスには2017年に移籍。18年は新入団した大谷翔平選手らとチームメートだったが8月に戦力外となった。その年12月6日、母国ベネズエラのウインターリーグで車で移動中、窃盗団が意図的に置いた岩に衝突。同乗していた元横浜のホセ・カスティーヨらとともに亡くなった。33歳だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請