バンドー太郎、“今回は”で炎上「『今回は』を『今日は』にすれば」…「グッディ!」単独インタビュー

謝罪会見に出席し、謝罪文を読み上げるバンドー太郎
謝罪会見に出席し、謝罪文を読み上げるバンドー太郎

 1日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)では、反社会的勢力の会合に出演したとして、お笑いコンビ「スリムクラブ」「2700」が所属する吉本興業から無期限謹慎の処分を受けた問題で30日、タレント・バンドー太郎(48)が2組に仕事を仲介した件について謝罪したことを特集した。

 バンドーは会見冒頭で手紙を読み上げ、経緯を説明。数年前に何度か仕事を紹介されていた建築会社社長の実兄の誕生日パーティーに出演してほしいという依頼を受け、2組に仕事を仲介し、当日は30万円のギャラを3等分したという。スリムクラブらに対しては「なるべく早く復活してもらえたら」と早期復帰を願った。

 この日、番組の単独インタビューに応じ、会見中に大粒の汗を流していたことについて「緊張とちゃんとしたことが伝えられるかどうか。ちゃんとした謝罪文を読むのに、かんでしまったり間違ってしまうのは失礼だと。こうなってしまったことに対する色んな意味の恐怖です」と語った。

 「“今回は”最初から知っていたわけでは…」と話したことで炎上したことには、「『今回は知らなかったので』って書いていて、じゃあ違うのもあるのみたいな書き方だったんですけど。やっぱり指摘されるところだとは思いましたね。あれはこの謝罪会見は、という意味で僕は考えたんです。『今回は』を『今日は』にすれば良かったのかと思ったんですけど」と釈明した。

 闇営業騒動でタレントとして初めて会見を開いた。「他の芸人も会見した方がいいか?」と質問されると、「他の人にどうっていうのは、僕の口から正直どうして欲しいと言うべきではないと思いますし、僕が自分でやったことなので」と答えた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請