【西武】高橋光と平井が監督推薦で球宴初選出

監督選抜でオールスターに初選出され意気込みを見せる高橋光成(左)と平井克典
監督選抜でオールスターに初選出され意気込みを見せる高橋光成(左)と平井克典

 日本野球機構(NPB)は1日、「マイナビオールスターゲーム2019」(7月12日・東京D、13日・甲子園)の監督推薦選手を発表し、西武からは高橋光成投手(22)、平井克典投手(27)が選出され、共に球宴初出場を果たす。

 高橋光は開幕から先発ローテを守り、現在チーム最多の7勝をマーク。「選ばれると思っていなかったので、うれしいというよりびっくり。いろいろ(投球を)試せるのがオールスター。自信のあるボールで押していきたい」とセ界の強打者との対戦を心待ちにした。

 平井は中継ぎの柱として、今季はここまでリーグ最多タイの39試合に登板し、17ホールドをマーク。「プロとしてあの場に立てるのは光栄。(日本ハムの)宮西さんに話を聞きたい。長くやっている先輩なので、(登板の)準備やコンディショニングについて聞きたい」と初球宴を学びの場とする。

 西武は、森(捕手部門)、山川(一塁手部門)、秋山(外野手部門)が、ファン投票と選手間投票で“ダブル選出”されており、監督推薦の2選手を加え、プラスワン投票を残して5人の出場が決まった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請