小池、桐生、サニブラウンに脱帽

表彰式で笑顔を見せる(左は2位・小池、右は3位・桐生)
表彰式で笑顔を見せる(左は2位・小池、右は3位・桐生)
男子200メートル決勝結果
男子200メートル決勝結果

◆陸上 日本選手権 最終日(30日、福岡・博多の森陸上競技場)

 男子200メートル決勝が行われ、17年ロンドン世界陸上7位のサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=が20秒35(向かい風1・3メートル)で2大会ぶりに優勝し、9月27日開幕のドーハ世界陸上代表に内定した。28日に10秒02で制した100メートルと合わせ2冠を達成。2度の短距離2冠は生駒一太(47、49年)、豊田敏夫(77、79年)に次ぐ40年ぶり3人目の快挙だ。18年アジア大会金メダルの小池祐貴(24)=住友電工=が20秒48で2位。

 小池は中盤以降も食らいついたが0秒13差で2位。主戦場の200メートルでも頂点には立てず「負けちゃったな~という感じ。これだけの悪条件の中でタイムを出すのはさすが」とサニブラウンを称賛。それでも「(今大会で走った)5本の中では心も体もレース内容も、今日が一番良かった」。100メートルではサニブラウン、桐生に次ぐ“第3の男”として存在感を発揮した今大会の収穫を胸に、さらなる進化を目指す。

 桐生はサニブラウンに完敗して3位に終わり「トップとの差はまだまだある」。まだ代表内定種目のない世界陸上については「まず100メートルに集中して代表権を取りたい。そこを曖昧にして200メートルには取り組めない」と本職を優先。欧州遠征で世界ランクの算出ポイントを獲得しつつ記録も狙う。

表彰式で笑顔を見せる(左は2位・小池、右は3位・桐生)
男子200メートル決勝結果
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請