【有森裕子コラム】実はバスケ部!八村選手NBA入りに感動

八村塁(ロイター)
八村塁(ロイター)

 最近、最も盛り上がったスポーツの話題といえば、八村塁選手ではないでしょうか。米プロバスケットボール・NBAのドラフトで、日本人初となる1巡目の全体9位でワシントン・ウィザーズから指名を受けたのは、事前に上位指名が予想されていたとはいえ、驚きました。

 バスケットは、マラソンにはないスピード感や興奮度を持つスポーツ。伝わってくるエネルギー量も、ものすごいものがあります。実は、私は中学生の時はバスケット部でした。でも、ボールを持つと一方向にばかり気がいってしまい、「向いてないな…」と感じました。それだけに、余計に八村選手のような超一流のプレーヤーには憧れを持ちますね。

 高年俸も話題となっているようですが、彼のような選手が生まれてくるのは、今バスケットをやっている子供たちにとっても、人生の夢を広げる目標になると思います。同時に、彼の入団により、試合中継やスポーツニュースなどで、これまで以上にNBAの試合を見ることができる機会が増えるのは間違いありません。これもまた、未来を担うプレーヤーにとっては大きなこと。最高峰の技を見ることで、自身のプレーにもイマジネーションが湧くのにつながると思います。

 ただ一つ、気になったというか寂しく感じたのが、今回の報道の中で彼がハーフであることを、ことさら強調するような場面が時折見られたことです。選手にはそれぞれ、さまざまなバックグラウンドがあるかと思いますが、それは今回注目されたこととは、全く関係ないでしょう。

 才能や身体的に恵まれた部分はゼロではないかもしれません。ただ、彼のすごいところは、やるべき努力を続け、それをドラフト1巡目指名という結果に結びつけたということ。その過程を称賛すべきです。来年の東京五輪でもエース選手として期待されていますが、まずはNBAでの活躍を見たいですね。(女子マラソン五輪メダリスト)

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請