【オリックス】大型トレードで弱点強化の福良GM「どれもピンポイントの補強」

中日・モヤ
中日・モヤ

 オリックスは30日、松葉貴大投手(28)、武田健吾外野手(25)と中日・松井雅人捕手(31)、松井佑介外野手(31)のトレードを発表した。また、中日のスティーブン・モヤ外野手(27)を金銭トレードで獲得した。

 球団では捕手の伏見が左アキレス腱(けん)を断裂し、今季絶望。新外国人のメネセスがドーピング違反により契約解除となっており、捕手と外国人打者の弱点を強化した。

 6月1日に就任した福良淳一GMは「モヤの打力は非常に魅力がある。今のうちには必要な戦力になる。(松井雅は)伏見のケガの件もあったし、獲得できたのは本当に大きい。(松井佑は)右の外野手が少し手薄に感じていたので、この補強も大きい。うちにとってはどれもピンポイントの補強になった。本当に中日ドラゴンズさんには感謝しかないです」と手応えを口にした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請