【ラジオNIKKEI賞】ブレイキングドーンが重賞初制覇 中竹調教師は史上6人目のJRA全10場重賞制覇

優勝したブレイキングドーン(右、カメラ・成海 晃)
優勝したブレイキングドーン(右、カメラ・成海 晃)
優勝したブレイキングドーンと(左から)中竹和也調教師、田辺裕信騎手(カメラ・成海 晃)
優勝したブレイキングドーンと(左から)中竹和也調教師、田辺裕信騎手(カメラ・成海 晃)

◆第68回ラジオNIKKEI賞・G3(6月30日・芝1800メートル、福島競馬場、不良)

 3歳馬によるハンデ重賞は16頭で争われ、田辺裕信騎手が騎乗した3番人気のブレイキングドーン(牡、栗東・中竹和也厩舎、父ヴィクトワールピサ)が直線で抜け出し、重賞初制覇を飾った。中竹調教師は福島で初めてJRA重賞を勝ち、史上6人目のJRA全10場重賞制覇を果たした。勝ち時計は1分49秒8。

 3/4馬身差の2着には9番人気のマイネルサーパス(柴田大知騎手)が入り、6番人気のゴータイミング(武豊騎手)が3着に続いた。

 田辺騎手(ブレイキングドーン=1着)「乗るのは初めてでしたけど、何回か一緒にレースさせてもらって、それも見ながら考えてレースに乗りました。馬場の悪いところに押し込められたくないし、外枠を引けたのはよかった。直線を向くまで余裕が結構あった。強い馬を相手に善戦していきた馬なので、やっぱり力があります。後ろから差されるような感じの手応えではなかった。また、ここで賞金を加算できたのは大きい。チャンスもできる。(自身は地元で5年ぶりの重賞勝利に)うまくいきました、おかげさまで」

優勝したブレイキングドーン(右、カメラ・成海 晃)
優勝したブレイキングドーンと(左から)中竹和也調教師、田辺裕信騎手(カメラ・成海 晃)
すべての写真を見る 2枚

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請