大船渡・佐々木朗希、153キロ3回3安打無失点、6奪三振 由利と練習試合

2回2死二塁、由利の奥山を三振に打ち取る大船渡の佐々木朗希
2回2死二塁、由利の奥山を三振に打ち取る大船渡の佐々木朗希

 MAX163キロ右腕・佐々木朗希投手(3年)を擁する大船渡は30日、秋田県内で由利(秋田)との練習試合を行った。佐々木は先発し3回を3安打無失点、6奪三振。51球を投げ、最速は3回2死一、二塁から見逃し三振を奪った1球が、ロッテのスピードガンで153キロをマークした。スライダー、チェンジアップ、フォークと変化球もさえ、毎回走者を出しながらもホームは踏ませなかった。

 試合は8球団21人のスカウトが視察。DeNAの進藤編成部長は「スケールが大きい。本気で投げた球が何球あったか分からないけど、リミットが外れたときにどれくらい投げるか期待感がある」。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクも「変化球もうまいし、強さとテクニックがある。高校生としてこれだけ能力を秘めているピッチャーは初めて」と絶賛していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請