桐蔭学園3投手リレーで日大三に完封勝ち

日大三との練習試合に先発した桐蔭学園・伊礼海斗(左)、2番手・渡部慎之介(中)、3番手・山崎駿(右)
日大三との練習試合に先発した桐蔭学園・伊礼海斗(左)、2番手・渡部慎之介(中)、3番手・山崎駿(右)

◆練習試合 桐蔭学園1―0日大三 (29日、桐蔭学園グラウンド)

 桐蔭学園(神奈川)は29日、同校グラウンドで日大三(西東京)と練習試合を行い、3投手の継投で1―0の完封勝ち。5回に今秋ドラフト候補右腕・井上広輝(3年)から奪った1点を守りきり、春夏連続の甲子園へ弾みをつけた。

 巨人など3球団のスカウトが視察するなか、3年生トリオが強打の日大三打線を封じた。先発左腕の伊礼海斗は、4回2安打4奪三振。「相手がストレートを狙ってきてたので、変化球を低めに投げ込むことを意識した」と、4回以外は走者を背負いながらもスライダーを中心に低めを丁寧につく、粘りの投球をみせた。

 5回からマウンドにあがった左腕・渡部慎之介は、「2イニング行ってくれと(片桐監督に)言われていたので、6つのアウトをしっかり1つずつ取ることだけを考えた」という言葉通り、2回1安打無失点でつないだ。

 3番手右腕の山崎駿(3年)は「前の2人が0を積み上げていたので、自分で点を取られてはいけないという思いだった」と7回を三者凡退。8回にはプロ注目の遊撃手・森敬斗(3年)にファインプレーが出るなど守備の援護もあり、8回も三者凡退。最終回は、2死から安打を許したが、最後は空振り三振に仕留めた。

 片桐健一監督(45)は、「1アウト1アウトをしっかり刻んでいく野球を春から特に心がけてきた。日大三の強力打線相手にそれができたのは、選手たちもやってきたことが間違っていなかったと感じたと思う」と振り返った。桐蔭学園は、1イニング、1アウトを「つないでいく」野球が信条。「マウンドでピッチャーが交代する時も、ピッチャー同士必ずボールを手渡しする。独りよがりになるのではなく、頼むぞ、任せとけと次につなぐことが大事」。つないでもぎ取った1勝に指揮官も満足そうだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請