【巨人】デラロサ加入効果!? アダメス、2軍戦で全球ストライクの好投

巨人・アダメス
巨人・アダメス

◆イースタン・リーグ 巨人6-5楽天(28日・ジャイアンツ)

 巨人のサムエル・アダメス投手(24)が好投した。

 4―4の7回から登板した。先頭フェルナンドに対して速球で見逃し、速球で空振り、外角スライダーで投ゴロ。続く足立は初球の149キロツーシームで中飛。オコエは初球から3球連続外角スライダーで最後は空振りの3球三振。1イニング全7球、ボール球1球もなしで全球ストライクという投球だった。

 アダメスは今季1軍で11試合に登板して防御率6・75。先日、同じドミニカ共和国出身で最速159キロの30歳右腕・デラロサの新入団が発表されたばかり。練習中、アダメスは積極的にコミュニケーションを取って会話しているが、外国人枠を争うライバルでもある。

 外国人の出場選手登録は4人以内に限られ、投手、野手として同時に登録できるのはそれぞれ3人まで。4人登録する場合は「投手2人+野手2人」または「投手1人+野手3人」、「投手3人+野手1人」に限定される。現在、巨人には支配下登録選手の外国人選手が投手ではマシソン、クック、ヤングマン、メルセデス、アダメス、デラロサ、野手ではビヤヌエバ、ゲレーロ、マルティネスと計9人いる。

 デラロサの加入でさらに激化した外国人枠争いで、アダメスも刺激を受けているようだ。

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請