【青戸慎司の目】サニブラウン、17年2冠とは段違いの爆発力

決勝に進んだサニブラウン
決勝に進んだサニブラウン

◆陸上 日本選手権第1日(27日、福岡・博多の森陸上競技場)

 男子100メートル準決勝で、9秒97の日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=が、大会記録に並ぶ10秒05(追い風0・1メートル)の2組1着で28日の決勝に進んだ。自己記録9秒98の桐生祥秀(23)=日本生命=も10秒22(追い風0・2メートル)の1組2着で突破し、決勝では史上初となる日本勢9秒台選手同士の対決が実現することになった。決勝は28日午後8時30分にスタートする。

 おそろしく強い。男子100メートルは、準決勝を見るとサニブラウン君の優勝以外はイメージしづらい。桐生君や小池君が勝つには、完璧なスタートと加速で前半リードすることが大前提。そこでの焦りや力みによって、サニブラウン君が自分のレースに持ち込めない形を作るしかない。彼のミスがほかの選手の優勝に直結する“ミス待ち”の状況になるほど、勝てる余地がない。他選手は、淡々と自分ができることをやるしかない。

 サニブラウン君は、再び日本記録を更新する可能性もゼロではないと感じさせる走りだった。特に後半の強さは圧巻。スタートの遅れをものともせず、力でねじ伏せている。17年の2冠達成時とは違い、段違いの爆発力を得た今、安心して見ていられる。28日の決勝も湿度が高く、コンディションが懸念されるが、追い風を期待せずにはいられない。(男子100メートル元日本記録保持者、中京大監督)

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請