サニブラウン、9秒台は「今日は出ないです」も度肝抜く強さ…決勝は桐生と史上初9秒台対決!

10秒05の1着で決勝に進んだサニブラウン
10秒05の1着で決勝に進んだサニブラウン

◆陸上 日本選手権 第1日(27日、福岡・博多の森陸上競技場)

 男子100メートル準決勝で、9秒97の日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=が、大会記録に並ぶ10秒05(追い風0・1メートル)の2組1着で28日の決勝に進んだ。

 スタートで出遅れたが、後半にかけて伸びやかなストライドでケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、多田修平(住友電工)をちぎった。「(9秒台は)今日は出ないですね。気持ちよく05で走れているので、(2年前の初優勝時と)内容も気持ちも違う」と充実感を漂わせた。

 自己記録9秒98の桐生祥秀(23)=日本生命=も10秒22(追い風0・2メートル)の1組2着で突破。決勝では、史上初となる日本勢9秒台選手同士の対決が実現することになった。「やることをやれば問題ない」と自然体のサニブラウン。桐生も「決勝では中盤からもう一段伸びそう。夜1本のレースなので、集中したい」と静かに闘志を高めていた。

 男子100メートル決勝は、28日午後8時30分にスタートする。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請