同じ父でも(栗東)

 こんにちは、山本です。今週は西宮の自宅からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、本日から大阪ではG20サミット開催による特別体制が敷かれています。各国首脳の移動に合わせた大規模な交通規制を始め、公共交通機関も運休などの措置が取られているといるとのこと。本日から天気も大荒れ模様ということで、あまり感じたことのないような「非日常」感の強い週末となりそうです。

 しかし、伊勢志摩サミットが行われたのがつい先日と思っていましたが、もう3年も経っているんですか。相変わらず、時が経つのは早いと感じます。実は昨秋、伊勢志摩サミットが行われていた会場の近辺を旅行で訪れたんですが、まだサミットの名残を感じるものがたっぷりあったんですけどねぇ。まぁ、実際に住んでいる場所の近くで行われると、その会議の重さを実感するものです。

 ということで、そろそろ本題へ。先週の宝塚記念ではスティッフェリオの完敗に肩を落としましたが、その全弟になる【シリアスアティチュードの17(牡、父ディープインパクト)】が現2歳世代が好調な西村厩舎に入っていましたね。また、話を聞いておきます。

 さて、まずは松永幹調教師への取材から。トレーナーの期待が非常に高い【ギルデッドミラー(牝、父オルフェーヴル、母タイタンクイーン)】は中京3週目、芝マイルでデビューすることになりました。今週、栗東に戻ってきてから初の追い切りを行ったんですが、「動きはよかったですね。気性でそんなに難しいところもないし、マイルあたりのイメージ。いい走りをしますよ」と相変わらず感触は上々です。あと、外国産馬の【セラン(牝、父Uncle Mo、母Tiz Miz Sue)】は札幌1週目のダート1700メートルを目標に乗り込んでいくようです。

 ここで、少し変更情報を。池江厩舎でゲート試験に合格した【レーヴドゥロワ(牡、父キングカメハメハ、母レーヴディソール)】と【レザネフォール(牡、父キングカメハメハ、母ラナンキュラス)】は当初、放牧に出る予定と書きましたが、栗東に残っていますね。そのままデビューへ向かうと思うのですが、また話を聞いておきます。あと、友道厩舎の【エカテリンブルク(牡、ブラックタイド、母ファイナルスコア)】は8月11日の札幌芝2000メートルでのデビューなんですが、鞍上は武豊Jになりました。

 続いては藤岡厩舎。当初は阪神芝1800メートルでデビュー予定もあった【グランデマーレ(牡、父ロードカナロア、母グランデアモーレ)】は来週の函館芝1800メートルを藤岡佑Jで予定しています。「体のバランスがいいし、能力の高さを感じている。楽しみだよ」と藤岡調教師。当初からゆったりした距離での始動を考えていましたからね。あと、同じ父を持つ【ビオグラフィー(牝、父ロードカナロア、母チアズメッセージ)】が中京3週目の芝マイルを予定しています。「こちらはスピードタイプという感じだと思う」と藤岡調教師は話していました。

 音無厩舎には兄にクリソベリル、クリソライト、姉にマリアライトを持つ【ヴァーダイト(牡、父ディープインパクト、母クリソプレーズ)】が入ってきました。生野助手が「悪くはないと思いますけど、まだ幼いという感じですね」と話すように成長途上といった印象ですが、まずはゲート試験合格を目指すようです。そういえば先日、今年も期待している血統の【プラトン(牡、父ディープインパクト、母ロベルタ)】は近々、近場の牧場まで連れてくる予定と音無調教師が話していましたね。また、取材をしておきます。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請