市川由紀乃、人生初のウェディングドレス披露 「婚期が遅れる? 覚悟してます!」

ウェディングドレス姿を披露した市川由紀乃
ウェディングドレス姿を披露した市川由紀乃

 演歌歌手の市川由紀乃(43)が27日、都内で初座長公演「島倉千代子七回忌追善 人生いろいろ~島倉千代子物語~」(7月5~18日、大阪・新歌舞伎座)のPR会見を行い、劇中のウェディングドレス姿を披露した。

 市川は2013年に亡くなった島倉千代子さんの14歳から75歳までを演じ、劇中で「人生いろいろ」など島倉さんのヒット曲約10曲を披露する。63年に島倉さんがプロ野球・元阪神の藤本勝巳選手(81)と結婚したことを振り返るシーンでドレス姿を披露する。人生で初めて純白のドレスに身を包み「こういう心境にいつかなれる日が来るのかな。いつかは(プライベートで)着たい」と笑顔。仕事で着ると婚期が遅れるとも言われるが「覚悟してます!」と力を込めて笑わせた。

 理想の相手について聞かれると吉本新喜劇のすっちー(47)、島田一の介(68)の名を挙げ「今、吉本新喜劇が大好きなんです。面白くて一緒にいて楽しい方にもらっていただきたい」と話した。

 上演に合わせ、1月発売の「雪恋華」のカップリングに、五木ひろしが作曲した劇中歌「逢いたいなぁ」を収録した新歌舞伎座・初座長記念盤を7月3日に発売する。「島倉千代子先輩を思い浮かべて五木先輩はこの歌を作って下さったと伺いました。私は言葉尻をいつも短めに切ってしまうのですが、五木先輩から、とにかく伸ばしなさいと。声を伸ばして皆さんの心の奥の奥に届くようにと、ご指導頂きました」と感謝していた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請