【広島】床田が吉兆?のユニホーム忘れ エース・大瀬良の14番で練習「大瀬良さんの力を借りたら抑えられる」

大瀬良のユニホームを着て、投内連係に参加した床田
大瀬良のユニホームを着て、投内連係に参加した床田

 広島・床田寛樹投手(24)が27日、横浜スタジアムでの全体練習に参加し、大瀬良の14番を着用し、汗を流した。ブルペン投球や投内連係時は、試合用のユニホームを着る決まりがあるが、荷物を送る兼ね合いで、忘れてしまった。「グラブとかは持ってきたんですけど、着替えがなくて。やらかしました」と苦笑いを浮かべた。

 床田は宮崎・日南キャンプの最終日だった2月13日にもユニホームを2次キャンプ地の沖縄に送ってしまい、矢崎の13番のユニホームでピッチングを行った。その後は練習試合やオープン戦で立て続けに好投し、開幕ローテをつかんだ。

 30日のDeNA戦(横浜)で5試合ぶりの勝利を狙う左腕は「大瀬良さんの力を借りたら抑えられるんじゃないかと思います。野球がうまくなった感じがありました」と、エースのような快投を誓っていた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請