【阪神】梅野 球団捕手で初の選手間投票トップ 球宴にファン投票とのダブル選出で「本当に光栄」

フリー打撃を行う阪神・梅野
フリー打撃を行う阪神・梅野

 「マイナビオールスターゲーム2019」の選手間投票の結果が28日、発表され、阪神からは梅野隆太郎捕手(28)が選出された。

 すでにファン投票でも選ばれているが、初めて選手間投票でも最多票数を集め、今回はダブル選出。球団の捕手としては初の選手間投票での出場選手となる。

 虎の選手会長は「一番は使ってくれている矢野監督に感謝。選手間で初めて選ばれて、選手として同じプロ目線で選ばれたことを本当に光栄に思います」と喜んだ。

 今季は4月2日の巨人戦(東京D)で左足薬指を骨折しながら、欠場はわずか2試合。71試合で打率2割9分、7本塁打、34打点、負担の大きい捕手を務める中、盗塁も8つ決めている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請