三宅健、伝説のヤンキーに…山田涼介主演ドラマ「セミオトコ」に出演

スポーツ報知
ドラマで“伝説のヤンキー”を演じる三宅健

 V6の三宅健(39)が、Hey!Say!JUMPの山田涼介(26)が主演するテレビ朝日系ナイトドラマ「セミオトコ」(7月26日スタート、金曜・後11時15分)に出演することが26日、分かった。羽化した後に人間に姿を変えた山田演じる“セミオトコ”の7日間だけのラブストーリー。木南晴夏(33)演じるヒロインの兄で“伝説(になるほどおバカ)のヤンキー”という役どころを演じる。

 三宅の連ドラ出演は同局系「トットちゃん!」(17年)以来。昨年まで「滝沢歌舞伎」、また今年2月に市川海老蔵(41)との共演舞台「六本木歌舞伎『羅生門』」など最近は伝統芸能に取り組む機会が多かった。今作では新鮮な姿を見せることになりそうだ。

 山田とは、15年に両グループでパーソナリティーを務めた「24時間テレビ」(日テレ系)以来の共演。同番組で、楽器なしで音を奏でる「ストンプ」に一緒に挑戦した。「真面目でストイック、責任感が強い印象の山田くんの絶妙なスパイスになれるように」と意気込んだ。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×