エンゼルス・大谷が打球速度167キロの鋭い一打で2戦連続安打…27日にはブルペン投球再開へ

エンゼルス・大谷
エンゼルス・大谷

 ◆エンゼルス―レッズ(25日、アナハイム・エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(24)が25日(日本時間26日)、本拠地のレッズ戦に「3番・指名打者」でスタメン出場。3点リードで迎えた5回1死一塁の3打席目は左前安打だった。

 5試合ぶりのスタメン出場で、先発右腕・マーレに対して1打席目は三ゴロ、2打席目は左飛に倒れていた大谷。3打席目はカウント1ボール2ストライクと追い込まれていたが、高めの直球を三遊間へ、打球速度104マイル(約167・4キロ)という強烈な当たりをはじき返して左前安打とした。代打安打を放った2日前のカージナルス戦に続いて2試合連続安打とした。

 この日は、試合前に昨年10月の右肘手術後最長となる180フィート(約54・9メートル)の距離で10球を投げるなど、計80球のキャッチボールで調整。26日(日本時間27日)には術後初めてブルペンのマウンドから投球練習をすることも発表された。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請