立川志らく「闇営業」謹慎処分の芸人ら謝罪文をバッサリ「被害者に対して誰もわびていない」

スポーツ報知
立川志らく

 26日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)では、大規模詐欺グループの会合に「闇営業」で出演したとして吉本興業から謹慎処分となった「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)ら11人の問題について伝えた。

 コメンテーターの落語家の立川志らく(55)は「世間が許せないのはうそをついた『ノーギャラ』だったということ。みんな書面で(謝罪のコメントを)出してるんだけど、芸人なんだから文章じゃなくて、こういう気持ちでうそをつきましたって出てきて言った方がいい。謹慎ってことはいずれ戻ってくるわけだから、その時に『何で戻って来たの?』って言われますよ。面白おかしくじゃなくて、(出てきて)言った方がいい」と指摘した。

 さらに「謝っているんだけど、認識が甘かったって謝るんじゃなく。被害者に対して誰もわびていない。仕事関係、ファンに謝るのも大事だけど、そこが一番大事ですよ」と断じた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請