【ヤクルト】ドラ1清水が2度目の先発も初勝利ならず4回3失点「申し訳ない」

1回2死一、二塁、後藤駿太に2点三塁打を浴びた清水昇
1回2死一、二塁、後藤駿太に2点三塁打を浴びた清水昇

◆日本生命セ・パ交流戦 ヤクルト―オリックス(24日・神宮)

 ヤクルトのドラフト1位、清水昇投手(22)がプロ2度目の先発で4回3失点で降板。初勝利はお預けとなった。

 20日ソフトバンク戦(神宮)での救援登板から中3日。先頭打者の福田にいきなり先頭打者アーチを浴びると、2死走者なしまでこぎ着けながら、さらに2点を失った。「立ち上がりにチームの勢いをつけるためにも、0失点でいかなければいけなかった。勢いをつけることができずに申し訳ない」と反省を口にした。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請