日大三・井上、5回5安打3失点5Kも「横浜打線を0点に抑えたかった」

横浜高校との練習試合に登板した日大三・井上広輝
横浜高校との練習試合に登板した日大三・井上広輝

 日大三(西東京)は23日、同校グラウンドで横浜(神奈川)と練習試合を行い、2―7で敗戦した。

 この日は、日大三・井上広輝(3年)、広沢優(3年)と横浜・及川雅貴(3年)のドラフト候補対決が注目され、球場には巨人など9球団のスカウトが視察に訪れた。

 先発のマウンドに上がった最速151キロ右腕・井上は、3回までを1安打無失点と上々の立ち上がり。しかし、4回先頭の2番・内海貴斗に二塁打を打たれると、味方の失策も重なり3失点。5回は2死で内海にこの日2本目の二塁打を打たれるなど一、三塁のピンチを背負ったが、最後は4番・冨田進悟を空振り三振に仕留め、追加点を与えなかった。5回を投げ5安打3失点5奪三振。井上は、「序盤は自分のリズムで投げられた」というものの、4回の失点を振り返り「横浜打線を0点に抑えたかった」と悔しさをにじませた。

 2番手・広沢は、6回に3つの四死球を出すなど精彩を欠く投球で、3回4安打4失点。試合後、小倉監督は、「井上はいいボールを投げていた。夏も今日のようなピッチングをしてくれれば。広沢はつまらない四死球をなくして、もうちょっとしっかりしてくれれば」と両投手の投球を振り返った。

 横浜は、2年生の左腕・松本隆之介が6回を2安打無失点と好投。松本のあとを受け7回からマウンドに上がったのは、最速153キロの左腕エース・及川。8回に味方のエラーで失点し、9回に5番・大城龍馬にソロ本塁打を浴びるも、3回3安打で5三振を奪いスカウト陣の前で意地を見せた。

 試合を視察した巨人の青木高広スカウトは、日大三・井上を「よく腕が振れていた。器用でセンスを感じるピッチャー。フォームもきれいで将来性がある」と評価していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請