京滋大学サヨナラ負けで3位入賞ならず 大学選手権準Vの佛教大・中山「本来のピッチングができなかった」

京滋大学リーグの先発・佛教大の中山塁(カメラ・谷口 健二)
京滋大学リーグの先発・佛教大の中山塁(カメラ・谷口 健二)

 ◆報知新聞社後援 第26回大学野球関西オールスター5リーグ対抗戦 最終日(23日・わかさスタジアム京都)▽3位決定戦関西六大学5―4京滋大学(延長11回サヨナラ)※規定により延長10回以降タイブレーク

 大学野球選手権で準優勝した佛教大のメンバー12人を含む、京滋大学が関西六大学にタイブレークの末、敗れ、3位入賞を逃した。

 初回に大商大の戸田航史内野手(3年)の中前打で先制されると、3回までに失策も絡み、4失点。6回に佛教大・松本康平外野手(4年)の左前適時打で追いつくも、11回に神院大・神野恵資内野手(3年)の犠飛でサヨナラ負けを喫した。

 先発した佛教大の中山塁投手(4年)は、2回を投げ、3失点(自責点は1)。チームに流れをもたらすことができず、「打たせてとるピッチングができなかった」と反省。選手権での経験を生かし、「カウント有利で進めることはできた」と手応えもつかんだ。同リーグの投手陣とも意見を交わし、「京都先端科学大・足立直投手(4年)は、球の質も高く、吸収することが多かった」と収穫もあった。秋に向けては、「関西選手権でしっかり勝ち抜いて、必ず神宮でリベンジしたい」と中山。培った経験を糧に、さらに進化を遂げてみせる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請