【巨人】菅野、プロ最短1回0/3を4失点で降板 5年ぶり交流戦優勝ならず

1回0/3を投げ、4失点降板の菅野
1回0/3を投げ、4失点降板の菅野

 ◆日本生命セ・パ交流戦 巨人1―5ソフトバンク(23日・東京ドーム)

 巨人はエース菅野が交流戦の優勝をかけた大一番に先発するも、1回0/3を投げ、3安打3四球4失点。1―5でソフトバンクに敗れ5年ぶりの交流戦優勝を逃した。

 菅野は初回、先頭打者の福田に投じた5球目の直球が甘く入り、弾丸ライナーで右中間席に運ばれ先制を許してしまう。さらに1死満塁から松田の遊撃への内野安打が坂本の悪送球を誘い2点を失うと、甲斐のスクイズでこの回4失点。

 2回、先頭の和田に四球を与えると、原監督が交代を告げ降板。1回0/3を4失点でプロ最短で降板した。

 巻き返したい打線だったが、ソフトバンク先発の和田の投球術に苦しむ。4回に先頭の岡本に15号ソロを放ったが、得点はこの1点のみ。

 7回には高木が福田にこの試合2本目となる7号ソロを浴びると、そのままソフトバンクに逃げ切られ、5年ぶりとなる交流戦優勝を逃した。

試合詳細

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請