八村が恩師に感謝の電話 「泣いてしまった」と宮城・明成高の佐藤監督

八村塁について思い出を語る明成・佐藤久夫監督
八村塁について思い出を語る明成・佐藤久夫監督

 プロバスケットボールのNBAドラフト1巡目でワシントン・ウィザーズに指名を受けた八村塁(21)の母校、宮城・明成高で3年間指導した佐藤久夫監督(69)が21日、同校で会見。世界に羽ばたく教え子にエールを送った。

 佐藤監督はドラフト終了後に八村の家族と本人から直接電話をもらったことを明かし「私も涙もろくなって、思わず泣いてしまった。塁君から『感謝しています』と言われたけど、私は何もしていない。彼自身が自分の道を歩んでくれていたからだと思います」と目を細めた。

 八村の高校時代について、佐藤監督は「明るくて優しい子。そして家族を大切にする子だった」を振り返った。2歳年下で入学してきた弟・亜蓮(現・東海大)のことはもちろん、一緒に寮で暮らしていたチームメートにも気遣いを忘れなかったという。高校3年時に3連覇を達成したウィンターカップ前に主将を八村にすると監督が提案すると、八村本人が「僕はチームのために頑張るけど、チームは今まで通りの方がうまくいく」と辞退していたことを明かし「彼自身、チームをファミリーと思っていたんでしょう。私も勉強させてもらいました」と振り返った。

 高校卒業後に、米国行きを決意した八村に対しては「ハングリーになれ」と言って送り出した。元来の優しい性格で「相手によっては、おとなしいプレーをするときがあった」ことから、夢のNBAに進むためには、より闘争心が必要だと感じていた。その後、ゴンザガ大の試合を現地で観戦した佐藤監督は「肉体的にも精神的にも高校の時より大きくなったなと感じた」と成長を実感できたという。

 昨年のウィンターカップで8強に終わったチームには、山崎一渉や菅野ブルースや世代の代表を経験している有力な1年生が入学。再び高校王座を取り戻すため、練習に励んでいる。佐藤監督は「彼との3年間は指導者として幸せだった。彼は自分で育ってくれたので、もう一度、彼みたいな選手を育てることができたら私も指導者として本物なのかな」と八村に続くスター選手育成を誓った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請