和歌山御坊“スモールベースボール”で快勝8強…第11回関西さわやか大会

初回1死二、三塁で4番・日下に続き連続スクイズを決めた和歌山御坊・野田
初回1死二、三塁で4番・日下に続き連続スクイズを決めた和歌山御坊・野田

◆第11回関西さわやか大会 ◇中学1年生の部▽5回戦 和歌山御坊ボーイズ12―0京都嵐山ボーイズA(15日・みなと堺グリーンひろば硬式野球場ほか)

 「第11回関西さわやか大会」はベスト8が決まった。初優勝を目指す和歌山御坊ボーイズ(和歌山県支部)は京都嵐山ボーイズA(京都府支部)に快勝した。

 これが和歌山御坊の野球だ。初回無死満塁。打席の4番・日下は迷うことなくスクイズを敢行。続く野田も2球目を見事に投前へ転がした。3回も1死三塁から3番・市木が投前へ絶妙のバント。主軸でも関係ない。「取れる時は、確実に取る」。岡本監督が掲げる“スモールベースボール”で試合の主導権を完全に握った。

 こうなるとナインはノリノリに。5回に日下が今度はバットを振り抜き左前へ適時打。6回は、市木も鋭い当たりの適時二塁打、さらには野田も左越えへ豪快な2点二塁打を放った。小さなことからコツコツと…、終わってみればこの回だけで5本の長短打、打者11人の猛攻で一挙7点を奪って試合を決めた。

 3安打2打点とシュアな打撃はもちろん、小技も光った日下は「打撃は好調です」と力強い。スクイズを含め3安打3打点の打撃だけでなく、6回を2安打完封と投手としても活躍した市木も「ストレートが良かった。三振も取れ、次もこの調子で頑張りたい」と目を輝かせた。

 投打ががっちりかみ合って大勝し8強進出。それでも岡本監督は「6回はたまたま。緊張がほぐれて力を発揮できた。打てるチームではないので、投手を中心に守りの野球をしていきたい」と引き締めた。市木主将も同じ気持ち。「みんな声が出て流れも良かった。小技で点を取っていくチーム、一戦一戦頑張っていきたい」と宣言。御坊野球を貫き頂点を目指す。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請