KISSが最後の日本ツアー「究極の祭典であり、最後のチャンス」

最後の日本公演が決まったKISS(C)Photo:Brian Lowe
最後の日本公演が決まったKISS(C)Photo:Brian Lowe

 米4人組ハードロックバンド・KISSが、12月8日の宮城・ゼビオアリーナ仙台から最後の来日公演を行うことが20日、分かった。

 昨年9月に「最後の世界ツアー」の開催を発表し、1月にカナダ(バンクーバー)で開幕。来日公演は4年半ぶり12回目になる。

 4人は「45年間で築き上げ、克服してきた全てのことはクラブやアリーナ、スタジアムを埋め尽くしてくれた何百万人もの世界中のファンがいなければ実現し得なかった」と感謝。来日公演に「究極の祭典であり、まだ見たことがない者にとっては最後のチャンスとなる」とコメントした。

 1970年代にデビューし、白塗りの化粧と奇抜なコスチューム、ド派手なステージで人気に。メンバー交代や再結成を繰り返しながら活動し、2014年にロックの殿堂入りを果たした。

 今回は東阪ドーム公演を含む5公演で8万人を動員予定。「キッス・アーミーたち、我々は過去最大規模のスケールでショーを行い、このツアーで別れを告げる。生誕の時と同じく潔く。それを止めることはできない」と話した。チケット発売日は近日中に発表。問い合わせはウドー音楽事務所TEL03・3402・5999。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請