馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

ふとしたことから(栗東)

 こんにちは、山本です。今日も栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、昨日は本紙の「競馬界の巨人 かく語りき」でG1を中心に評論していただいている橋口弘次郎・元調教師の自宅へ招待してもらい、プロ野球の巨人戦を見ながらの晩餐。相変わらず、奥さんの美味しい料理をいただきつつ、センセイを前に出されるがまま、かなりのアルコールを消費してしまいました。今の巨人の調子のよさを考えれば、楽しく強い試合を見ながらの観戦かなと思っていましたが、なかなかの接戦からの惜敗となってしまいました。センセイも巨人の攻勢時には「よしっ!」と何度も口にしていたんですけどねぇ。

 とはいえ、今のチームに非常に満足そう。「やっぱり、原さんがいると、雰囲気が明るく見えるね」と原監督の復帰に笑みが絶えません。以前に甲子園だったか、原監督と2ショットで写真を撮ったこともあるはずなんですよね。もともとは熱烈な長嶋党だったんですが(これは今もですね♪)、その流れをくむ原政権には特に思い入れが強いようです。ワタクシも今年は比較的、試合をよく見ています。ちょうど、巨人ファンになり始めた頃、4番・原でしたからね。とにかく、今年は最後まで優勝争いでドキドキするようなシーズンであることを祈るばかりです。

 ということで、そろそろ本題へ。今日の取材を中心に進めていきましょう。

 まずは今週の阪神芝1800メートルに注目馬を送り出す佐々木厩舎。その馬は週末に触れるとして(まっ、皆さんはご存じでしょうが)、同じキズナを父に持つ3頭も中京デビューを視野に入れています。そして、トレーナーはいずれも「いい馬だよ」とトーンが高い。まずは半兄にウインバリアシオンを持つ【ルリアン(牡、父キズナ、母フレンチバレリーナ)】が7月7日、中京の芝2000メートルを川田Jで予定しているとのこと。さらに、3週目の芝マイルか1400メートルを本線に考えているのが【プロークルサートル(牡、父キズナ、母クールアンフルール)】と、先日のマーメイドSを勝ったサラスの半妹になる【シャムロックヒル(牝、父キズナ、母ララア)】です。こちらも調教が進めば、また続報をお伝えしたいと思います。

 さて、週末の阪神芝1800メートルには藤原英厩舎からも出走します。その馬について取材していると、藤原英調教師から「初戦から勝負になる馬だろう」と名前を出されたのが【シャレード(牡、父ダイワメジャー、母ヴィヤダーナ)】。全兄にその橋口元調教師が管理していたダノンメジャーを持ちます。中京2週目の芝1400メートルを福永Jで予定しています。「早い時期から走れる馬だと思う。スピードもあるし、しっかりしているね」と早い時期から走れる公算を立てているようです。

 続いては昨日も書いた池江厩舎。今日のゲート試験で【クレアーレ(牝、父ディープインパクト、母ミリアグラシア)】が合格したようです。今後は予定通り、放牧に出るようですね。今日の栗東にはディープインパクトと同じ母系を持つ【スターズプレミア(牡、父ロードカナロア、母スターズインハーアイズ)】が入ってきたようです。

 さて、和田Jへ出走馬の取材中、今日の朝一番で乗った2歳馬の話題になったんです。「いい馬、走りそうですよ」と上々の感触。ということで、その【スターライトジャズ(牝、父ハービンジャー、母ジュピターズジャズ)】について、高橋忠調教師に話を聞いたのです。「今の時期としては合格点を出せる動きをしています。素質は感じますよ」とこちらも手応えあり、といった表情でした。来週の中京開幕週、牝馬限定の芝マイルを予定しているようです。あと、早い時期から走れる母系を持つ【カイルアコナ(牝、父キンシャサノキセキ、母コナブリュワーズ)】はゲート試験合格後、一度放牧に出ました。「この馬も良さそうな感じですよ」と小倉での初陣を思い描いているようでした。あと、先週の新馬で5着だった【ホールタイム(牡、父Dream Ahead)】は福島2週目、芝1200メートルの未勝利を和田Jで予定しているようです。

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請