井岡一翔、日本人初の世界4階級制覇を達成 パリクテを10回TKO 世界戦勝利数15で国内単独トップ

8回 パリクテに右ストレートを放つ井岡一翔
8回 パリクテに右ストレートを放つ井岡一翔

◆プロボクシング ▽WBO世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)王座決定戦12回戦 同級2位・井岡一翔(TKO10回1分46秒)同級1位アストン・パリクテ(19日、千葉・幕張メッセ)

 元世界3階級王者で、WBO世界スーパーフライ級2位の井岡一翔(30)=Reason大貴=が、同級1位のアストン・パリクテ(28)=フィリピン=を10回TKOで破り、日本人男子初の世界4階級制覇を達成した。

 やはり井岡は強かった。序盤で主導権を握ると10回、右ストレートをさく裂させ、連打で一気にTKO。コーナーポストに登り、勝利の雄たけびをあげた。

 17年大みそかに一度引退したが、昨年9月に米国で再起し、世界ランカーに判定勝ち。大みそかに同王座決定戦に出場したが、マカオでドニー・ニエテス(フィリピン)に1―2の判定負けを喫した。今回再び同王座決定戦出場のチャンスを得て、2年2か月ぶりに登場した日本のリングで快挙を達成。世界戦の勝利数でも具志堅用高氏を突き放し、日本人ボクサー最多の15で単独首位となった。

 井岡はリング上で涙ぐみながら「ありがとうございます。僕が復帰してから、僕以上に期待してくださった方々にこの勝利ささげたい。このベルト取るためにすべてをかけてきた。日本の地で4階級制覇をできてうれしく思う。これからも僕が自分が思うように、好きにボクシングをやっていって、その中で結果で応えたい。久しぶりの日本のリングで背中を押してもらいました」と感謝を述べた。再びチャンピオンロードが始まる。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請