井岡一翔、日本人初の世界4階級制覇を達成「感謝しかない」10回TKOで世界戦勝利数15で国内単独トップ

パリクテを攻める井岡一翔 (カメラ・堺 恒志)
パリクテを攻める井岡一翔 (カメラ・堺 恒志)

 ◆プロボクシング ▽WBO世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)王座決定戦12回戦 同級2位・井岡一翔(10回TKO)同級1位アストン・パリクテ(19日、千葉・幕張メッセ)

 元世界3階級王者で、WBO世界スーパーフライ級2位の井岡一翔(30)=Reason大貴=が、同級1位のアストン・パリクテ(28)=フィリピン=を破り、日本人男子初の世界4階級制覇を達成した。

 井岡は17年大みそかに一度引退したが、昨年9月に米国で再起し、世界ランカーに判定勝ち。大みそかに同王座決定戦に出場したが、マカオでドニー・ニエテス(フィリピン)に1―2の判定負けを喫した。今回再び同王座決定戦出場のチャンスを得て、2年2か月ぶりに登場した日本のリングで快挙を達成。具志堅用高氏を突き放し、国内ボクサー世界戦勝利数15で単独首位となった。

 井岡一翔「ありがとうございます。感謝の言葉しかないです。復帰してこの試合に向けて、僕以上に期待してくださった皆さんに、この勝利をささげたいと思います」

 ◆井岡 一翔(いおか・かずと)1989年3月24日、大阪・堺市生まれ。30歳。興国高で全国6冠。東農大を中退し2009年、井岡ジムからプロデビュー。11年2月、WBC世界ミニマム級王座奪取。12年6月、WBA世界同級王座奪取。同年12月、同世界ライトフライ級王座獲得。15年4月、同世界フライ級王座奪取で3階級制覇。身長165センチ、右ボクサーファイター。父は井岡ジム会長の一法氏、叔父は元世界2階級王者の弘樹氏。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請