【オリックス】福良GM、伏見離脱に「いろいろ考えないといけない」

オリックス・伏見は18日の巨人戦の9回、空振り三振を喫した際に左アキレス腱を断裂した
オリックス・伏見は18日の巨人戦の9回、空振り三振を喫した際に左アキレス腱を断裂した

 オリックス・伏見寅威捕手(29)が、18日の巨人戦(東京D)で左アキレス腱を断裂した。今月から就任した福良淳一ゼネラルマネジャー(GM、58)は19日、長期離脱に「捕手の絶対数が足りない」と嘆いた。

 チームの捕手は伏見を除くと、正捕手の若月ら4人と育成枠の2人だけ。ドラフト2位の頓宮が捕手としての練習を始めたが、「まだまだ時間がかかる」と計算には入れられない状況だ。「いろいろ考えないといけない」とし、トレードなどの戦力補強を模索していくことになりそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請