KANA―BOON飯田が音楽活動一時休止

KANA―BOONの飯田祐馬
KANA―BOONの飯田祐馬

 ベーシストの飯田(めしだ)祐馬(28)が、今月5日から音信不通になり、15日深夜に無事帰宅したことを発表していた4人組ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」が19日、公式サイトで飯田の音楽活動一時休止を発表した。

 公式サイトでは、飯田が音信不通になった理由として、「音楽活動の中での、個人的な不安やプレッシャーが原因であったと確認することができました」と報告。医療機関にて受診したところ、精神的な病気で、「しばらくの間、治療に専念するため、飯田の音楽活動を休止させていただくこととなりました。今後につきましては、本人が心身共に健康な状態に回復するのを待ってから、改めて話し合う予定です」とした。

 その間のKANA-BOONの活動は、谷口鮪、古賀隼斗、泉貴裕の3人で行い、ベースはサポートベーシストを迎えた体制で行うという。

 飯田は5日から家族やメンバーらと音信不通状態に。13日に公式サイトで「家族が捜索願を警察に提出している」などと報告し、15日に開催予定だったライブの中止を発表した。

 ◆KANA―BOON行方不明騒動の経過

 ▼5月31日 飯田がツイッターで「ラジオ聴いてくれた人ありがとう!」と書き込み

 ▼6月5日 飯田とメンバー、家族、スタッフ側との連絡が途絶える

 ▼同12日 13枚目のシングル「まっさら」発売

 ▼同13日 公式サイトで飯田が音信不通であることを発表

 ▼同14日 メンバー3人が連名で「ただただ無事を祈るばかりです」などと公式サイトでメッセージ

 ▼同日 FM OH!(FM大阪)が、飯田を含むメンバー全員が事前収録で出演したラジオ番組を放送

 ▼同15日 開催予定だった5周年企画ライブを中止

 ▼同16日 無事が確認される

 ◆KANA―BOON 堺市出身のボーカル兼ギター谷口鮪、ギター古賀隼斗、ドラムス小泉貴裕、飯田による4人組バンド。08年に高校の同級生で結成された。飯田はオリジナルメンバーではなく11年に加入した。13年にシングル「盛者必衰の理(ことわり)、お断り」でメジャーデビュー。これまで13枚のシングル、4枚のオリジナルアルバムを発売している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請