NHK放送総局長、Cプロデューサー逮捕を謝罪「事実関係を確認した上で適切に対処します」

NHK
NHK

 NHKの放送総局長の定例会見が19日、東京・渋谷の同局で行われた。

 同局の大型企画開発センターのチーフ・プロデューサー・阿部博史容疑者(41)が2月に東京・練馬区の歩道上で女性に対し、わいせつな行為をしたとして17日、強制わいせつ容疑で逮捕されたことについて、木田幸紀放送総局長は「職員が逮捕されたことは大変遺憾です、事実関係を確認した上で適切に対処します。大変残念で視聴者の皆様に深くお詫びします。今後一層、綱紀粛正に努めます」と謝罪した。

 逮捕容疑は2月23日午前1時半ごろ、歩道で徒歩で帰宅途中だった40代女性の肩をつかんで押し倒した後、わいせつな行為をした疑い。女性にけがはなかった。

 阿部容疑者はビッグデータやAI(人工知能)を活用した特集の担当プロデューサーでビッグデータを用いた災害活動にも関わっていた。同局広報部では「(事件は)未明なので業務外であると認識している。(阿部容疑者の勤務態度は)特に変わった様子などの報告を受けていない」としている。

 同容疑者は容疑を否認しているとされるが、会見に同席した幹部は「まだ面会していません」と答えた上で「本人が覚えていないという供述をしているという以外は分かりません」とした。

 その上で「事件前日は午前10時頃に出社して、午後7時ころ退社しています。事件当日の23日は休みでした」と返答。木田総局長も「分からない点が多いので確認中です」とだけ答えた。

 また、同容疑者は一出演者として、過去にNHKスペシャル「AIに聞いてみた」、「震災ビッグデータ」に出演もしているが、同局では即座にNHKオンデマンドでの同番組の配信放送を停止した。

 また、同容疑者の社内処分について同局幹部は「事実関係を確認した上で適切に対応します」と答えた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請