戸辺直人、DL最高位に手応え 日本選手権Vで世陸内定「自分でも結果が楽しみ」

欧州遠征から帰国した陸上男子走り高跳びの戸辺直人(右)
欧州遠征から帰国した陸上男子走り高跳びの戸辺直人(右)

 陸上男子走り高跳び日本記録保持者の戸辺直人(JAL)が19日、欧州遠征を終えて成田空港に帰国した。ダイヤモンドリーグ・ラバト大会では、日本人最高位となる2位。試技数の差で敗れたものの、優勝した16年リオ五輪銅メダルのボンダレンコ(ウクライナ)とは同じ2メートル28を跳んだ。「(相手は)結構仕上がっている状態だった。僕がこれから調子を上げれば、勝てるんじゃないか」と自信を深めた。

 27日開幕の日本選手権(福岡)では、優勝で得られるドーハ世界陸上(9~10月)の代表内定を目指す。「状態が上がっている中で迎えられる。自分でも結果が楽しみ」と声を弾ませていた。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請