【札幌】DF中村桐耶、プロ初先発へ「自分の立ち位置変えたい」ルヴァン杯磐田戦

ロングボールを蹴る札幌DF中村
ロングボールを蹴る札幌DF中村

 J1北海道コンサドーレ札幌DF中村桐耶(18)が、プロ初の先発ピッチで飛躍へのきっかけをつかむ。札幌は19日、ルヴァン杯プレーオフステージ第1戦のアウェー・磐田戦に臨む。スタメンが確実な今季U―18から昇格した中村は、ここまで公式戦は同杯の途中出場2試合にとどまる。2種登録選手だった昨年5月の同杯・清水戦以来となる先発で結果を残し、リーグ戦でも戦力になり得ることをアピールする。

 プロとして初めて訪れた先発機会に、中村は高ぶる気持ちをそのまま言葉にした。「ここまでなかなかチャンスをものに出来ずにいたので。この試合で自分の立ち位置を変えたい」。明確な結果を出す事を念頭に、ピッチで全力を尽くす。

 2種登録選手だった昨季、ルヴァン杯の清水戦で先発起用された。0―3で敗れるも、元北朝鮮代表FW鄭大世と堂々渡り合い、プロへの道をつかんだ。しかし1年目の今季は同杯の2戦に途中出場したのみ。リーグ戦ではベンチ入りもない。流れを変えるべく、ターンオーバーで臨む、この一戦に思いをぶつける。

 186センチの高さに加え、利き足の左足精度は高い。その持ち味を、余すところなく出す。「守備だけでなく、くさびのパスで攻撃のスイッチを入れる役割も求められていると思う。しっかりそれが出来る事を見せつけたい」と意を強くした。

 18日に宮の沢で行われた練習に、DF福森が右足甲などの打撲で参加しなかった。「福さんもケガしているので。声がかかった時に向けての準備が大事になってくる」。託された同じ左CBの位置で、中村が戦力として計算できる事を示し、リーグ戦デビューへの足がかりを築く。(砂田 秀人)

 ◆中村 桐耶(なかむら・とうや)2000年7月23日、北海道むかわ町生まれ。18歳。札幌U―12からASC北海道U―15を経て、16年に札幌U―18入り。昨年3月に2種登録され、4月18日のルヴァン杯・磐田戦でトップチームデビュー。今季、トップに昇格した。186センチ、78キロ。左利き。背番号24。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請