宝塚雪組・彩海せら 4年目の初センターは「本当に明るくて集中できる場所でした」

「壬生義士伝」の新人公演を終え、笑顔を見せる彩海せら(右)と彩みちる
「壬生義士伝」の新人公演を終え、笑顔を見せる彩海せら(右)と彩みちる

 宝塚歌劇雪組「壬生義士伝」の新人公演が18日、兵庫・宝塚大劇場で上演された。入団4年目の彩海(あやみ)せらが初主演を務めた。

 故郷・盛岡に残した貧しい家族に仕送りをするため、人を斬ってお金を稼ぐ新選組隊士・吉村貫一郎を演じた。異色の主人公ながら、仲間や家族への愛情に満ちあふれ「新選組の良心」と表現されている。カーテンコールで彩海は「人を愛すること、正面から向き合うこと、大切なもののために命をかけることの素晴らしさを感じさせていただきました。吉村貫一郎さんの心の中を少しではありますが見させていただき、幸せでした」と、あいさつした。

 第102期では先陣を切っての初センター。少年のようなピュアな声の持ち主だが、伸びやかで安定した歌唱力に加え、丁寧な演技で観客のすすり泣きを誘い、「日本物の雪組」の新星誕生を大いにアピールした。

 本番前は「緊張で先が想像できないぐらい、不安がいっぱい」だったが、終演後は「吉村さんが見ていた景色、盛岡の風景やきれいな空気を感じる事ができ、表現することってステキなことだなと心から思いました」とホッとした表情。初のセンター位置は「本当に明るくて、集中できる場所でした。ふぁ~っとなりましたが」と笑顔を見せた。

 トップスター・望海風斗(のぞみ・ふうと)からは「大きな深い海のような愛でお芝居したらいいよ」「自分の悪い部分も、役を通して伝えたら人間味が出る」とアドバイスされた。「役を知るよりも自分を知る方が難しいと思った」と今後の課題は山積みだが「男役としても階段を上れるよう感張りたい」と精進を約束した。

 吉村の妻・しづは、7年目の彩(いろどり)みちるが「星逢一夜」(2015年)、「るろうに剣心」(16年)以来、3年ぶり3度目のヒロインを務めた。3作とも日本物とあって、確かな成長を示し、京都で吉村を慕う町娘・みよとの2役もメリハリを付けて好演した。新人公演最上級生。子供が3人いる設定のしづと重ね合わせて「下級生をまとめなければという意識で、『みんなの母』のような気持ちでした。みんな、落ち着いてできて、成果を存分に発揮できたのでは」と柔らかな表情で話した。

 東京宝塚劇場での新人公演は8月8日。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請