【日本ハム】ドラ1吉田輝星が巨人・阿部との裏話を明かす「息子さんがサインを欲しいと…」

紫色のグラブを持ってグラウンドに現れた吉田輝
紫色のグラブを持ってグラウンドに現れた吉田輝

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が18日、巨人・阿部慎之助捕手(40)へあいさつした際の裏話を明かした。

 12日の広島戦(札幌D)で初先発初勝利を挙げた右腕は、その後も1軍に帯同中。14~16日の巨人戦(札幌D)では、16年まで巨人に在籍していた大田を通じて阿部にあいさつする機会に恵まれた。野球に関して貴重なアドバイスがあったのかと思いきや、「息子さんがサインを欲しいと(言われました)。(野球の話は)していないです。グッズにサインを書いて…」と告白した。

 この日は横浜スタジアムで短い距離でのブルペン投球を行い、30球を投げ込んだ。先発が有力視される23日の中日戦(ナゴヤD)へ向けて「初登板の時よりも感じはいい」と順調な調整を進めている。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請