【広島】復帰戦の中村奨成が頭部死球で退場 自力で救急車に乗り込み病院へ 阪神との2軍戦

頭部に死球を受け、担架に乗せられる広島・中村奨
頭部に死球を受け、担架に乗せられる広島・中村奨

◆ウエスタン・リーグ 阪神―広島(18日・鳴尾浜)

 広島・中村奨成捕手(20)が8回に頭部死球を受け、そのまま救急車で病院に搬送された。

 「8番・捕手」で出場。3―0の8回2死一、二塁で阪神の2番手の斎藤が投じた145キロ直球が頭部を直撃。その場で倒れ込み、担架で運ばれた。意識はハッキリしており、救急車には自力で歩いて乗り込んだ。

 中村奨は今春2軍の山口・由宇キャンプで打撃練習中に右背部の痛みを訴え、病院で右第一肋骨(ろっこつ)疲労骨折と診断を受けた。リハビリを経て、この日が今季初出場だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請