【巨人】桜井俊貴、交流戦3勝であるぞMVP

ジャイアンツ球場を並んで歩く桜井(左)と今村
ジャイアンツ球場を並んで歩く桜井(左)と今村

 巨人の桜井俊貴投手(25)が17日、“巻き返し”の投球を誓った。交流戦は2戦2勝、防御率1・32と絶好調。実は、現時点で防御率は交流戦セ・パ両リーグを通して6位の成績。先発予定の20日のオリックス戦(東京D)で白星を挙げ、チームが優勝すれば交流戦MVP獲得も大いにあり得る。

 本人は「そこは意識せず」と言いつつも「けど、サイトで投手の順位を確認してしまったので(笑い)。最後、ここで巻き返すことができれば。気合を入れて投げていきます」と自らを奮い立たせた。

 この日はG球場の投手練習に参加し、キャッチボールなどで調整。「どの球でもカウントが取れる」と状態の良さに手応えを感じている。プロ4年目で本拠地初先発となる右腕は「中継ぎで結構投げていたので気持ちは変わらず。バッター一人一人(に向き合う)感じで投げていこうと思います」と気を引き締めた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請