馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  菊花賞・G1 富士S・G3
全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 新潟

【英国G1・プリンスオブウェールズS】ディアドラで日本人騎手初制覇狙う武豊「最強馬そろった。楽しみ」

英国での環境に慣れてきたディアドラ
英国での環境に慣れてきたディアドラ

◆プリンスオブウェールズS・G1(6月19日・芝1990メートル、英国・アスコット競馬場)

 JRA海外馬券発売対象のプリンスオブウェールズS・G1(19日、英国・アスコット競馬場、芝1990メートル)の出走馬8頭とゲート番が決まった。日本から参戦するディアドラ(牝5歳、栗東・橋田厩舎)は3番ゲート(馬番6)に決定。騎乗する武豊騎手(50)は豪華メンバーがそろった一戦を前に、意気込みを語った。

 英国を代表するビッグレース参戦へ、武豊が目を輝かせた。「すごいメンバーですからね。エネイブル以外のでしょう。最高の雰囲気の中、そういうメンバーと戦える。楽しみですよ」。騎手としての喜びを抑えきれない。

 伝統のロイヤルアスコット開催。「王室開催で、馬車で入場したりするんですよ」と日本にはない華やかな印象を口にする。そして、「日本人騎手も勝っていないですからね」。歴史の一歩を刻もうとする意欲は50歳になっても健在だ。

 パートナーのディアドラは前走のクイーンエリザベス2世C(6着)に続いてのコンビ。「香港のレコード決着はつらかったですね。でもハービンジャーの子なので期待しています」。同じアスコットで行われる10年の“キングジョージ”を圧勝した父の血が後押しすることを願った。

 調整はスムーズだ。香港から3日に直接、英国入り。「アスコット競馬場は高低差が20メートルあります。ニューマーケットにはいろいろ種類の調教場があるので、慣らすためにいろんなコースを乗っています」と橋田調教師。15日にはニューマーケット調教場のポリトラックコースで追い切り。「納得できる動き。精神的にリラックスしている。いい状態で臨めると思います」と前を向いた。

 ドリームレースの様相を呈するイギリスでの初戦。「今回は結構メンバーが強いな。そこは武豊騎手に頑張ってほしいです」とトレーナー。そして、レジェンドはそんな思いに応えるように、きっぱりと言った。「ビッグニュースを届けたいですね」。歴史を変えるため、華やかな舞台へ向かう。

特集ページ

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請